最近のブログは同人の宣伝ばかりなので久しぶりにどうでもいいことをブログに書いてみます。



子供の頃見た絵本を思いだしたんですよ。

↓絵本の内容

ある男の子が魔女の家で召使い(最近聞かん言葉ですな)をしていました。
でもなんかの理由で追い出されるか逃げ出すかしました。

行き倒れたていると女の子が通りかかりました。
女の子はサンドウィッチをくれました。

男の子が食べ終わってお礼を言おうと振り返ると
女の子が40人ぐらいに増えていました。
女の子「私たちこれから○○の国の王様を倒しに行くの!その後は私が女王になるのよ!」
と言って女の子たちは○○の国に向かって行きました。
男の子は「これは大変だ」と王様に知らせに行きました。

なんて恩知らずな奴だと思いました。
自分の住んでるところの善良な王様だとかならともかく
見ず知らずの王様と行き倒れを助けてくれた女の子だったらどう考えても女の子だよなあ…



その後なんやかんやあったんだと思いますがさっぱり思いだせません(クーデターは失敗してたと思う)

ただオチは覚えています。

男の子は実は魔女に魔法で男の子の姿に変えられていたこの国の王女だったのです!!(迫真)

…今思うと私の性癖のルーツなのかもしれん…

タイトルが思いだせないのでご存知の方は教えてくださると幸い。